ブログ

まさにこれだ

コロナ後-テレワークは結局-無かったこと-になるのか-第一人者に直撃/

一番気に入らないのは、コロナだからといってテレワークを推し進め、多少効率も上がりましたね、みたいな話をしておいて、収束に向かった途端、遊んでる奴がいる。チェックされないと怠ける奴がいるとか言い始めやがることだ。

そもそも会社に来てたって、怠けてる奴はいるし、ずっと株価見てる奴だっている。良いわけねーけど、それでも、いいんだよ。俺たちの仕事は決めた目標に対する成果だろ?会社に来てりゃチェックできてんのか?まぁ、要するに、メンバーを信用してないってことを改て曝け出しちゃったってことだろう。

すでにそうだが、受け答えが気に入らねーとか、態度が気に入らねーとか、ロボットじゃねーんだよ。やり方は人それぞれさ、いいと思うもの、よくないと思うもの、それすら人それぞれなのさ、SDGsって叫んだって、多様性を受け入れられねーなら、寛容さのかけらもないってことだ。

働き方改革ってのは働き方を変えようっていってんだよ。と、言いたい。

 

BCRその3

動作的に一部誤解というか理解不足があった。

Codeエディタ

WindowsPCでは、秀丸を使っている。会社では、秀丸1本と別のPCにはSAKURAを使用している。秀丸はシェアウェアなので、会社では1本購入してもらって、のこりPCにはSAKURAを入れて使ってたたが、SAKURAで十分かなと最近思ってる。これもさ最近phpのシンタックスハイライトができるようにすることを知らなかったので、そう思うようになった。

で、Mac・・。WindowsPCはCADアプリとMSP430の開発環境のために持ってるだけ、ほとんどの作業はMacでやってる。

ずっと、Smultronってイチゴを上から見たアイコンの、これを使ってた。phpのシンタックスハイライトも自動でするし、文字コードや改行コードの変換も当たり前だから、十分かなと思ってた。でもタブ文字が表示できなかった。(実はできたんだけど)

CotEditorってのが良さそうで、入れてみた。

使いやすかったSmultronのデフォルトのシンタックスハイライト文字色にも合わせた。

BCRその2

まだ調査途中なのだが、ググったりサイトを見たりしていたら、作ってらっはる人もちらほら。その中で、解説している本を販売されている人もいて、どうしても中身が気になりまして購入してみました。が、ちょっと私の理解と異なる箇所がちらほらありますね。こっちは業務で調査してたもんで、目的が違うというところもおおきいのだが、そこはあまり気にしないで、、ということかもしれんな、と思った。もっとも、個人(グループかもしれないけど)で調べて、あそこまで理解できていて、且つ解説本までつくるというのは、相当なバイタリティだと思うし、そんなことできる人、今の職場見回しても居ないわ・・・

現在は、CypressのCYPD3177であたりを付けたろうと思い、回路図を引いているところだが、その本でも解説されている。しかし中身はEZ-PDのデータシートと変わらんかった、実際の動作でちょっと役に立つ情報(テクニックなどとかの)があるかなっと期待してたんだが、それは残念、なかった。

BCR

BCRというのは、Barel Connector Replaceの意味です。樽型コネクタって何?ってことですが、これはDCジャックに使われている、よくあるあれです。あれを、USB-Cで(正確にはUSB-PDで)置き換えるというものですね。これのキットが、Cypress(いまはInfineonですが)とSTから出ております。で、このCypressのICを使ってSink側の機器の制御をやったろうと思います。もうすでに作って売られているものがありますが、そこは自分で作りたい。

ページ

RSS - ブログ を購読