5月連休だが

本来なら5月連休で、帰省していたりとかするわけだが、今年はコロナ肺炎の影響で、どこにも出られない。うちの会社はオリンピック日程に合わせて設定してあった夏の休日を、4月最終週に移動して、全国緊急事態宣言を5月連休と合わせて乗り切ろうというわけだ。で、休みになっているが、どこにもいかないため、日頃ためてあったやりたいことをやるチャンス!、と思っていたが、何もやらんまま、数日すぎてる。

全くということでもないが、すすまんな。構えると進みにくい。まさに、それ。

積んでいるモノの最大の懸念物はこれだ。

https://mono-wireless.com/jp/products/TWE-Lite-DIP/index.html

ずいぶん前にやりたかったことがあり、買ったのだが、うまくいかず、そのうち埃がかぶってしまってた。もう数年経つなぁ。なんとかしないと。

・・

週明けに、楽になりたいから、仕事もやっておこうとおもっているが、これもてつかず。

さて、連休明けに、正常に戻っているでしょうか。否。続くな。

Python取り組み

これ、前も書いたかな。今取り組んでいるものに、PythonでASOカーブをプロットして判定するということをやっている。ASOはSOAとも書いたりするけど、Area of Safety Operation、トランジスタの安全動作領域のことです。ぼくは、これを書くようになったのは会社に入ってからだ、それまでは絵は知っていたが使うことはなかった。ある意味、十分マージンをとって動作させれば特に困ることはないが、パルス動作などの場合に、いろいろ不便が生じる。製品製造では何万台も作るわけだから、たまに壊れることはあったりしたら、こまってしまう。

波形を取得して、絵に当てはめるってところは、簡単にできるが、できれば判定や、周囲温度における低減や化と過渡熱特性からパルスラインの追加などを自動でできないか、なんて考えたり。考えているだけで定年になるだろうけど。それでもいいや、手に触れているだけで、やった気になるから。

それはそうと、最近のコロナ事情で、いよいよ在宅勤務が現実味を帯びている。そうなったら、ぼくはちょっと困る。。。ぼくは回路屋なので実験がある、実験したらデータをまとめるけど、まとめる時間は確かに長く、切り分けすればうまくいくかもしれないが、そんなふうに切り分けできないだろう。

SSDDネタは他サイトへ移動しました

先日の記事は、イライラしてカキコしたものだったので、改めて読み返したら、こりゃいかんな、ってことで、他サイトへ移動しました。

SSDD、スティーブンキングのDreamCatcherでは、Same shit different Day (日が違っても同じクソ)で使われていましたが、お上品には、Same stuff, different day または、Same thingで使われるようですね。正しくは、別に何も変わりない、同じことの繰り返しの日々、とかって意味のようだが、同じことだな!

Same Shit , Different Day !

いつもクソだけど、違う日

mbedのsprintf

すごくハマってしまった、随分以前にも似たようなことがあったのかも、覚えてないなぁ。解決策のここにたどり着くまでずいぶんかかった。

https://os.mbed.com/questions/7966/sprintf-stops-execution/

メモリが初期化されていないからとかなんとか、、ひたすら、文法が間違っているのかと思い、sprintfの使い方をググってた。

 

仕事か趣味か

今日ある人に会ってきた。数年前に退職された人で仕事ではお世話になり、在職中から退職後も気にかけていただいている、これはありがたいことだと思う。定年まで、5年を切った僕としては、この後どうしたいのかを聞かれた。

年金だけで遊んでいられないのはわかっている日々の生活精いっぱいだろう。定年後5年間は国民年金は支給されない、またそれも先延ばしになるだろうってこともわかっている。定年後に、会社が再雇用する制度も法制化されていることも知っている。

今の僕にとって、仕事ははっきり言ってしんどい。仕事が楽しかった時代はとうに終わり、今は苦痛でしかない。そんななかで回路をいじっている、解析しているときは時を忘れ仕事でも趣味でも没頭してしまう。没頭して進めているときは、いつまでもこの状態続けば幸せだろうなと思う。しかし、今の仕事(いままでも同じだが)先の見えない仕事というのは、今はつらい。企業による商品化や開発の期間は長い、それゆえ、いつまでやったら終われるの?今日はどこまでやってれば終われるの?、そういった疑問は常にあった。それが、最近とてもつらい。

ページ

サイクルきゃぁ RSS を購読